アスカな小ネタ
―もんすた〜〜―

 モンスターについて、あれこれです。( )内はHPです。知らないモンスターに関しては・・・。^^;


マムル系

 マムル(5)→あなぐらマムル→洞窟マムル(5)


 直接攻撃のみです。マムルは最弱なのですが、洞窟マムルとなると、序盤で出てくると悪夢のような攻撃力を披露します。それでも、HPは5ですので、吹き飛ばしの杖等で余裕で倒せる上、経験値を500ももってます

 ・エレキ箱
 基本的には、敵の『餌』です。エレキ回路のスロットがたくさんありますので、『回路』を入れる入れ物にするのもありです。育てる時は、アスカでダメージ肩代わりしてあげた上で、敵を倒させるか、『しあわせの杖』『しあわせ草』『天使の種』を使ってあげましょう。でも、あなぐらマムルでも、『HP回路』と『ちから回路』を入れ、レベルが10以上なら、1対1なら、そうそう負けなくなります。

 ※しろがねマムル→?

 洞窟マムルからの直接パワーアップではないようです。攻撃力も守備力も半端ではないと思いきや・・・全てのダメージを『1』にしてしまう能力を持ってるようです(KOUさん、情報ありがとうございます!)。でも、しろがねマムルですら、経験値を5000ももってます。
チンタラ系

 チンタラ(6)→ちゅうチンタラ→おおチンタラ


 特に、特徴なく、直接攻撃しかないです。

 ・エレキ箱
 使い方はマムルと同じでいいと思います。マムルよりは少しだけ能力が上なため、少しだけ、育てやすいでしょう。


うしわか丸系

 うしわか丸(10)→クロウ丸→ヨシツネ丸


 『ぐあいが悪くなる』攻撃と『反射攻撃』さえ、気をつければ恐くはないです。前者は山彦の盾で防げます。後者に関しては、『ミナモ』のクナイも跳ね返しますので注意が必要です。後者の特性を使って『罠』から木・鉄・毒矢を入手可能です。『しあわせの杖』や『回復の杖』、『倍速の杖』を自分に使用するために利用するのも一興です。

 ・エレキ箱
 モノは跳ね返しますが、杖の『効果』は跳ね返しません。また、『杖の効果』の恩恵も受けれないようです(魔法回避がはじめからついている感じです)。HPも低く、使い勝手は・・・微妙です。罠から矢を集めれるのは一緒です。丸太は手に入りません。


しおいやん系

 しおいやん(14)→まじしおいやん→しおやだん→しおかんべん


 私は、『しおかんべん』がでるまで、名前の意味に気がついてませんでした^^;しおいやんは『ちから』下げを、まじは『最大値下げ』をそれ以上は分裂のおまけつきです。仲間のそれも下げてきますので、そのときは『毒消し草』を上げましょう。弱点は『毒消し草』だったりします。あと、『うろこの盾』で、彼らの特殊攻撃を防げます。また、『ドレインバスター』『吸散』も効果ありだったはずです。

 ・エレキ箱
 敵の『ちから』を下げてしまう特殊効果は強力です。『ミドロ系』と組み合わせれば、敵を簡単に倒せるかもしれません。・・・かもです。あくまでも。


よせかえる系

 よせかえる(11)→すぐかえる→いまかえる


 キャラを『ひきよせる』舌を使ってきます。すぐかえる以上は、攻撃のおまけつきです。弱点は『マリンキラー』と『水妖斬り』ですが、使うまでもないかもしれません。逆に『舌』のお陰で助かることもあります。

 ・エレキ箱
 攻撃力よりも、むしろ『水路』に入れることに意味があります。装着すれば、『水路』に入って、島に・・・ってことも可能ですけど・・・何分、アイテムで床が埋まってますので・・・『ふきとばし』『ひきよせ』を一度だけ使った上で、やりましょう。


天狗系

 カラス天狗(16)→ハヤブサ天狗→イヌワシ天狗


 フロア中の、他のモンスターに化けてます。特定条件でのみ、正体がみれます。注意すべきは、『強すぎる』敵に化けてるがゆえに『アイテム』をふんだんに使ってしまうとか『ペリカン』に化けてて・・・ですね。あとは、『レベルアップ』しても、外は変わらないので細心の注意が必要かも知れません(KOUさん、情報提供ありがとうございます)。

 ・エレキ箱
 利用価値が最も少ないエレキ箱かもしれないです。HPとスロットは多少多めですのでそれ目当て?


ボウヤー系

 ボウヤー(20)→コドモ戦車→オヤジ戦車(40)→イッテツ戦車


 うまく、攻撃をさせないように近づきましょう。コドモ戦車は、『通路』に2歩入ると通路に出たり入ったりを繰り返しますので、ノーダメージで倒せます。オヤジ戦車系は、『直線上』から1マス横にずらすことで当たらないところに攻撃します。ですので、これで接近しましょう。自分の弾の爆風でダメージを受けますので、以外に脆いです。遠距離攻撃は『大砲の弾』以外は避けましょうイッテツ戦車は、1対1なら『身代わりの杖』を使うのがベストです。遠距離攻撃だけはさけましょう。また、『跳ね返し回路』で大砲の弾も跳ね返せます。1マス離れていれば一方的にダメージを与えれます。

 ・エレキ箱
 始めの2体は、矢を集めれるのでかなり重宝します。また、イッテツ戦車は2倍速なことと、爆風で壁も掘れる為、使い勝手は悪くないでしょう。お供にしてる時に、爆風でやられないように注意しましょう。


にぎり変化系

 にぎり見習(11)→にぎり変化→にぎり親方→にぎり元締め


 攻撃力が比較的高めなだけでなく、変化・親方は手持ちのアイテムを『おにぎり』に変えてしまいます。元締めに至ってはアスカそのものをおにぎりに変えてしまいます(アイテムなどの使用が不可能)。トドを含めて、真っ先に倒したい敵の一種です。遠距離からの攻撃で片付けましょう。また、『おにぎり』系のアイテムを投げつけることで、ほぼ、1撃で片付けることができます。

 ・エレキ箱
 見習を手に入れたら、さっさと育てて、にぎり変化までパワーアップさせましょう。この状態から、敵を倒したときにおにぎりを落とすようになります。このエレキ箱で倒せる範囲の敵がいる場所なら、食料不足は解消されます。


ゲイズ系

 ゲイズ(22)→スーパーゲイズ→ハイパーゲイズ


 こちらを1ターン、催眠状態にしてくる魔法攻撃をかけてきます。仲間がかかった場合、混乱と同じ効果を発揮します。魔法ですので、『山彦の盾』等で防げます。一つ目殺し等が弱点となります。

 ・エレキ箱
 モンスター同様、混乱の特殊攻撃ができますが、場合によっては、敵を倒してレベルアップをしてしまいますので、注意が必要です。


ガマラ系

 ガマラ(22)→ガマグッチ→ガマゴン


 アスカの所持金を盗んで、ワープします。盗んだ後は、2倍速でフロア上を移動して廻ります。盗む前に、フロアにギタン袋があると、その上に乗っかっています。この状態なら、手を出しても盗まれることは少ないです。勿論、所持金0なら、盗まれることはありません。この特性を利用して、大量のギタンを盗ませて『銭投げ』の準備をしたり、経験値稼ぎができます。また、お金を盗まれる前なら、必ず『ギタン袋』を落とします。

 ・エレキ箱
 モンスターからお金を盗み、ワープします。装備した際は、緊急脱出用になります。押して起動した場合、箱に戻した時点でギタン袋が落ちます。


ポリゴン系

 わらうポリゴン(18)→まわるポリゴン→おどるポリゴン→うたうポリゴン


 『ハラヘリー』により、満腹度を減少させてきます。うたうポリゴンに至っては、最大満腹度を下げてきます。部屋に入ると、アスカのそばまで移動してきます。複数部屋にいる場合、あっという間に囲まれてしまい、『ハラヘリー』を使ってきますので、極めて危険です。『ドレインバスター』系でダメージが増えます。『ハラヘリー』が仲間に使われると、HPが減っていきます(KOUさん、情報提供ありがとうございます)。

 ・エレキ箱
 敵の隣で、特殊攻撃を使うことで、満腹度を回復できます。敵のそばでないと、満腹度を回復できないのがつらいところです。


くねくねハニー系

 くねくねハニー(32)


 レベルアップをしないモンスターです。亡霊武者の受け皿にはうってつけなのですが、誘導するのはむずかしいです。恐いのは、こちらのレベルを下げてくる『くねくねダンス』ですので、『ドレインバスター』で1撃で倒すか、遠距離からの攻撃、封印の杖で対策をしてから倒しましょう。

 ・エレキ箱
 敵のレベルを下げれるのはいざと言うときには役にたちますが、敵が強力になりだす後半ではいささか力不足の感があります。


プルン系

 プルン(35)→プルリン→プルンプリン


 伝導する、雷攻撃をしてきます。『ゴムバンの盾』や、『雷無効』の秘技で自分だけはノーダメージで済みますが、仲間や敵モンスターにもダメージは伝導していきますので、モンスターハウスでは、あっという間に最高レベルまで行ってしまいます。かなり危険です。プルンは高確率で力の種をプルルンはしあわせ草を落とします。

 ・エレキ箱
 伝導する攻撃は、確かに強力ですが、下手すると、自分や仲間にも被害がいきます。HPさえ上げてあれば、モンスターハウスに単独で突入させても、殲滅してくれるはずです。


おばけ大根系

 おばけ大根(38)→めまわし大根(64)→ねむり大根


 おばけ大根は『毒草』を、めまわし大根は混乱草(混乱した相手には毒草)。ねむり大根は睡眠草(ねむった相手には毒草)を投げます。遠距離の場合、草を投げられてしまいますので、できれば、直線に並ばない様に近づき、接近戦でかたをつけましょう。『成仏の鎌』が弱点です。

 ・エレキ箱
 着込むことで、毒草、混乱草、睡眠草をそれぞれ手に入れれます。空腹対策に持ち歩くと便利です。その際、『めまわし大根』が一番効率がいいです(毒草はステータスが下がり、睡眠草は数ターン行動不能になるため)。能力そのものも悪くなく、戦闘でもそこそこ活躍してくれます。


鬼面武者系

 鬼面武者(35)→はんにゃ武者→将軍<ぼうれい武者(4)>


 1撃が重いだけでなく、倒した後に『ぼうれい武者』となって復活し、他のモンスターをレベルUPさせてしまいます(ダメージは、特別な条件を抜かして1のみ。たまに、ワープをします)。ぼうれい武者は『成仏の鎌』『薬草』『弟切草』『成仏回路』『ふきとばしの杖』『封印の杖』『身代わりの杖』『火柱の杖』等など、弱点か、一定ダメージアイテムで早めに片付けましょう。

 ・エレキ箱
 やられた時に、発生する『ぼうれい武者』は敵扱いです。味方ではなく、敵をパワーアップさせますので、注意が必要です。


馬武者系

 馬武者(40)→荒馬サムライ→あばれ馬将軍→乱れ馬王


 銀の矢を打つ上、Lv3からは、2倍速で移動します。モンスターハウス内では他のモンスターがいようがいまいが、お構い無しに銀の矢を放つため、あっという間にレベルUPしていきます。銀の矢に関しては『からぶりの杖』『火』『身かわし回路』『跳ね返し回路』も効果を持たないので注意が必要です。唯一、『飛んできたものをつかむ』秘技なら何とかなるかもしれません。

 ・エレキ箱
 モンスターハウスに、他の仲間やエレキ箱と一緒に送り込むと、味方に尋常ならざる被害が生じますので、モンスターハウスでは着込むくらいにしておきましょう。単独で使用する時も、決して、彼と敵との間に入らないようにしましょう。


ジャガン仮面系

 ジャガン仮面(36)→ジャガー王子→ジャガール王


 特殊攻撃で『カウントダウン』魔法を使ってきます。Lv1なら、30ターンありますが、LvUPするにしたがって死亡までのターン数が少なくなっていきます。かけてきた張本人を倒せば、解けるのですが、魔法をかけてきた後は逃げるように、フラフラと移動します。魔法ですので『やまびこの盾』で跳ね返せます(KOUさん、情報提供感謝します)。

 ・エレキ箱
 同じ特殊攻撃を使えるだけでなく、攻撃力もなかなかのものです。空きスロットも多いので、かなりつかえます。トド系やガマラ系、ペリカン系に特殊攻撃をかけておけば、逃げ回られても、問題無しです。


タイガーウッホ系

 タイガーウッホ→タイガーウホホ→タイガーウホーン


 こちらを投げ飛ばし、仲間・敵モンスター・ワナに当てます。攻撃力は高いのですが、防御力は大してないので、直接攻撃でも十分です。タイガーウホーンに至っては、別な部屋まで飛ばしてしまいますので・・・。

 ・エレキ箱
 能力・欠点はモンスターの特性同様です。タイガーウホーンを使えば、モンスターハウス内の敵をあっという間に外に片付けれます。HPが高くなりますので、緊急退避用にも使えます。


影ボウシ系

 影ボウシ(27)→黒ボウシ→闇ボウシ


 アスカや、仲間に取り憑いて数ターンの間、まともに動けなくなります。仲間に取り付いた時は、アスカや他の仲間を攻撃してしまいます。数ターンの後に、外に出てきます。その際、レベルが高いほど、行動回数が多いので、気をつけましょう。また、取り憑かれる前に一定ダメージを与えると、ナイフとフォークをもった『攻撃モード』になってくれますので、これで、取り憑かれることはなくなります。

 ・エレキ箱
 数ターンの間、敵モンスターに取り憑けます。その間に逃げるのもよし、黒ボウシ以上なら、外に出た後に、2倍速で逃げるのも手です。


火炎入道

 火炎入道→火炎入道LvX


 他のモンスターの様なレベルUPではなく、数値的にレベルが上がっていきます(Lv99まで)。爆風で分裂、火炎でレベルUPしますので、アイテムの使用時には注意が必要です。また、銀の矢など、貫通するアイテムを用いなかった場合は、アイテムを燃やしてしまうため、ダメージを与えられません。火炎入道の攻撃によるダメージは、『地雷ナバリの盾』で減少します。なお、弱点は『水がめ』による水攻撃です。

 ・エレキ箱
 特徴はモンスターと一緒です。Lv99まで上げることができます。火によるレベルアップはできなかった気がします。


キグニ族

 キグニ族(60)→キグニ族LvX


 こちら側だろうが、モンスターだろうが、問答無用で攻撃をかけ、レベルアップしていきます。封印の杖を使用することで、こちらだけに目を向けれます。モンスターハウス内にいる時は要注意です(KOUさん、訂正ありがとうございます)。

 ・エレキ箱
 困ったことに、モンスターと同じ性質を持ってます。どうしても使いたい時は、封印の杖で、敵にのみ、攻撃が行くようにしましょう。


ひまがっぱ系

 ひまがっぱ(32)→いやすぎがっぱ→たまらんがっぱ


 アイテムをこちらに投げてきます。壷に空きがあると、中に入ったりします。ヘイジになげられると、投げ返してくれますが、欲をかけば、外れて地面に落ちて欲しいところです。Lvが上がれば上がるほど遠くに投げてきます(KOUさん、訂正ありがとうございます)。

 ・エレキ箱
 水路に入れるため、水路の中に落ちたアイテムを投げ出すことができます。同じ手で、浮島の中のアイテムも、投げ出すことができます。


パコレプキン系

 パコレプキン(61)→パコレプキーナ→パコレプキング


 行動は挙動不審(?)で、アスカ達にまっすぐ向かってきませんし、隣り合っても、攻撃してくるとは限りません。ただ、壁をすり抜けることができ、水路とかも、ふわふわと飛び越えてしまいます。また、宙に浮いているため、足元の『ワナ』を自ら作動させることはありません(一部のダンジョンで)。幽霊系ですので、薬草や弟切草で大ダメージな他、『成仏の鎌』、『成仏回路』『黄泉おくりの秘技』が有効です。

 ・エレキ箱
 水路とかはすいすい飛び越えれるし、壁の中はすり抜けれるし・・・いいこと尽くめかと思ったら、装着したさい、『壁』の中を行動する時には『HP』が1歩ごとに減っていきますので要注意です。また、仲間として連れ歩いてる時も、敵にまっすぐ攻撃しに行かないこともあるため、『普通』に戦闘させて鍛えるのには時間がかかります。


オトト系

 オトト水兵(24)→オトト軍曹→オトト大将→オトト元帥


 水路に入り込み、一方的に攻撃してくることがあります。そういうときは、『マリンスラッシャー』や『水妖斬り』を使えばいいわけですが・・・。HPが少なくなると、攻撃をやめ、逃げ出します。攻撃力は結構高めなので、注意が必要です。

 ・エレキ箱
 水路に入れる・・・ということ以外、とりわけとりえはありません。ひまがっぱやよせかえる系のエレキ箱も水路の中に入って攻撃できますので・・・。水路に囲まれた島に、これらのエレキ箱を着て渡る際には、『アイテム』が足元や周囲にびっしりと埋まってる状態で『脱ぐ』のはやめましょう。水路にエレキ箱が落ちてしまいます。


ノロージョ系

 ノロージョ(50)→ノロージョの姉(90)→ノロージョの母


 たまに、こちらのアイテムに『呪い』をかけてきます。呪いをかけらると、『矢』等の遠隔攻撃装備は威力の極度の低下、その他の装備品は『外す』ことができなくなり、それ以外のアイテムは使用不能となります。全ての呪いは、『おはらいの巻物』で一度に消せますが、武器は『天の恵み』で、盾は『地の恵み』で、『メッキの巻物』なら好きな武器・盾の呪いを解除することができます。
 レベルUPするごとに、『呪う』アイテムの数が増加していきます。また、仲間が『呪わ』れると、『我を失った(盲目)』状態になります。
 『呪い避けの腕輪』でさけることができます。安全のため、遠距離から早めに片付けるのがいいかと。

 ・エレキ箱
 装着した瞬間に、呪いを解くことができます(解ける呪いは『レベル』によって変化します。勿論、→姉→母と上がっていくに従い、増えていきます)。また、特殊攻撃で、モンスターの『我を失わせる』ことができます。これは、『盲目』状態ですので、こちらから隣り合わせで攻撃をかけると反撃を受けます。槍など、1マスはなれて攻撃できる手段で片付けた方が賢明です。


デブータ系

 デブータ(70)→デブーチョ→デブ―トン


 こちらを見つけると『岩』を投げてきます。レベルUPするごとに、距離・威力ともに伸びていきます。ボウヤー系や馬武者系、忍者系とは違い、通路内でもこちらに攻撃してきます。岩は同一直線上にいなくてもこちらに命中するため、その他の遠距離攻撃系とは違い、正面から接近したのほうが、ダメージは少ないです。岩の届かないところから長距離射撃できれば・・・。なお、岩は矢と異なり他の敵には当たりません。

 ・エレキ箱
 特殊攻撃の岩攻撃は、仲間を避けて攻撃できるため、着込むなら、『仲間の真後ろ』から援護射撃を出すのが無難な使い方でしょうか?なお、『岩』は空撃ちとか、身かわしで集めることができません。アイテムとして落ちてるものを手に入れるしかありませんが、『転び石』と間違えないよう、『マップ』の記号を良く見て対処しましょう。


忍者系

 見習忍者→いっぱし忍者→葉隠れ忍者


 ある程度ダメージを受けると間合いを離し、手裏剣攻撃をしてきます。レベルUPするごとに、間合いの離し方・距離が変わります。『飛ばずの巻物』で手裏剣は対処できますが、こいつらに出会ったら、通路内に入り込むと、一定ダメージを与えた後、勝手に近づいてきます。葉隠れ忍者だけは、近づいてくるまでに時間がかかることがあります。

 ・エレキ箱
 すみません。エレキ箱自身まだ、手に入れてませんので何処まで再現できるのか知らないです。恐らく、性能はモンスターのものと変わらないかと・・・。


ぬすっトド系

 ぬすっトド(25)→みどりトド→アイアントド


 部屋にアイテムがあるときはそれを、無い時はアスカのアイテムを狙ってきます。盗んだ後に、即ワープします。その後はアスカたちを見かけるとひたすら逃げようとします。自分のアイテムを狙われたら『トドの盾』で防ぐのが一番無駄が無いかと。ちなみに『封印』すると、直接攻撃してこれませんので『盾』に使えます(確か・・・使えた気が・・・)。なお、みどりトド以上は分裂しますので、注意が必要です。

 ・エレキ箱
 アイテムの上に乗ったり、隣のマスで特殊攻撃することでアイテムを拾い、ワープを、モンスターの隣でこれをやることでモンスターのアイテムを盗んでワープします。盗んだアイテムは、エレキ箱に戻したり、着込んでる場合は、脱いだり、特殊攻撃をすることで床におきます(ワナがあったり、モンスターや、キャラがいる場所には置けません)。なお、一度アイテムを盗ったモンスターや、アイテムが落ちてない『鋼賀の隠し穴』では特殊攻撃を仕掛けても『盗むもの』がないため、『ワープ』できません。


ミドロ系

 ミドロ(60)→ゲドロ→オドロ→ドドロ


 こちらの盾やら武器やら、果てには印やらを剥ぎ取る嫌なモンスターです。その上、通常攻撃もしてくるは、レベルが上がれば分裂するわ、水をかければレベルUPするわと・・・嫌なことづくめですねTT。接近戦は、極力避けたいところです。

 ・エレキ箱
 相手の守備力を下げれる他、ドドロなら相手やエレキ箱を『封印状態』にできます。一部のワナでレベルUPできます(KOUさん、情報提供、ありがとうございます)。


ダイキライ系

 ダイキライ(50)→エレーキライ→?


 ある程度のダメージを受けると、動かなくなり、更なるダメージで『自爆』します。『自爆』の仕方は、各々(ダイキライは爆発し、エレーキライは漏電です)で、仲間内での誘爆や地雷の誘爆を引き起こします。封印してしまえば問題ないです。

 ・エレキ箱
 爆発します・・・。封印しときましょう・・・こういう能力は・・・。


シューベル系

 シューベル(50)→メルベルス→ベルトーベン


 自分と同じLvのモンスターを呼びます。ですから・・・ベルトーベンが特殊攻撃を使うと、アークドラゴンでさえも、そこら中に発生します・・・。見つけ次第瞬殺することをお勧めします。

 ・エレキ箱
 呼び出した敵は、勿論敵です・・・。利用法としては・・・特殊能力を『封印』しての使用か・・・あとは、HP回路を入れての装着で、特殊能力を使い、他のエレキ箱の経験値稼ぎくらいでしょうか?


プチフェニックス

 プチフェニックス()


 幸い、レベルUPはしないのですが・・・困ったことに・・・同じフロアに傷ついたモンスターがいると、ワープして回復しにきてくれちゃいます・・・。1匹ならまだしも、ひどいときは3〜4匹ぐらいが相手モンスターを取り囲んで・・・なんてことが・・・。通路に入ってしまえば、当のモンスターも『一匹』の『プチフェニックス』の回復の恩恵しか受けれなくなりますのでたくさんいる時は・・・。
 1匹しかいない時は優先的に排除しておきましょう。

 ・エレキ箱
 手に入れたことないので、推測でしかないですが・・・多分、回復魔法をかけてくれるのでしょうが、おそらく『山彦の盾』『山彦回路』『魔法回避の回路』で反射か無効化されてしまいますので・・・。


ロケットイノシシ系

 ロケットイノシシ()→ジェットイノシシ→ソニックイノシシ


 特殊攻撃で『吹き飛ばし』+『転び』効果の頭突き(?)をしてきます。レベルが上がるに連れて、特殊攻撃の威力が上がっていきます。吹き飛んだ仲間・エレキ箱・敵にぶつかってもダメージを受けます。ロケットイノシシなら、『頭突き』を受けた方が安全なこともありますので・・・『イカリ』の杖でわざと・・・ってのもあります。吹き飛ばしは『不動の盾』『不動回路』『はりつけの巻物』で動かなくなりますが・・・。

 ・エレキ箱
 手に入れてませんので・・・^^;。効果は、そのままかと・・・。


ペリカン系

 怪盗ペリカン1世()→怪盗ペリカン2世→怪盗ペリカン3世→怪盗ペリカン4世


 こちらのアイテムを勝手に吸い込み、場合によっては『合成』してしまいます。物によっては『異種合成』となります。合成の際は『先に吸われた』アイテムが『合成可能』なものなら、それがベースとなります。なお、レベルが上がるほど『吸い込むアイテム数』や『行動回数』が増えてきます。『満腹(アイテムを吸えなくなる)』になると逃げ出しますが、こっちが弱ってると『攻撃を仕掛けてくる』嫌なやつです。
 『吸い込む』行動は『封印』できますが・・・『投げ』・・・では・・・^^;。

 ・エレキ箱
 手に入れてません^^;。何処ぞのダンジョンで使ったことは有りますが・・・微妙です^^;。異種合成は可能です・・・ただ・・・取り出すのには、エレキ箱を行動不能にするか、転ばせるかですので・・・。倉庫内で、『馬武者』系のユニットで殺してしまうのが有効な利用法でしょうか^^;。


エーテルデビル系

 エーテルデビル(50)


 見えないは、挙動不審だわ、杖の効果は跳ね返すは・・・その上、攻撃力も高い・・・対策は、『あかりの巻物』『目薬草』『よくみえの腕輪』で姿は見えますので・・・それで・・・。無ければ、通路まで逃げるのも手です(通路の出口で空振りしてるうちに倒せます)。・・・が、たまに、複数に囲まれてたりしますT-T。

 ・エレキ箱
 凄い値段で、買えます^^;。姿が見えること意外は、再現されてたりします。つまり・・・挙動不審です・・・。ただ、攻撃力には見るものがありますので・・・封印さえすれば・・・。


タウロス系

 タウロス(90)→ミノタウロス→メガタウロス


 稀に、『痛恨の一撃』を放ってきます。倒すと、たまに『会心の一撃』を放てる『ミノタウロスの斧』が手に入ります。ミノタウロスの斧は、両手武器なので、今一使い勝手が悪いです。比較的、守備力はないですが・・・メガタウロスになると・・・。遠距離で手っ取り早く倒すのが吉です。

 ・エレキ箱
 タウロスは、『守備力』が余りにも無く、『洞窟マムル』クラスに差し向けるとあっさり返り討ちに遭うくらいです^^;。レベルが上がっても、細目にHPを確認してあげましょう。メガタウロスまで育てば、心配はなくなるのですが・・・ランクUPまでが長いので・・・。


めーる

ほ〜む