プロフィール

三遊亭あら馬 (SAN'YUUTEI ARAMA)

本名:桐野亜希子 (AKIKO KIRINO)
1977年5月14日生まれ AB型 長子
鹿児島市天保山町出身
鹿児島大学工学部卒業のweb・IT強め理系女子
コンサル会社人事部を経てフリーアナウンサー・女優を経験
PTA会長3期(内杉並区立小学校PTA連合会長)・各種審議会委員
子供目線・保護者目線の落語公演の他、PTA及びインクルーシブ教育などの講演会も精力的に開催。
地元杉並区立高井戸第三小学校では子供たちに落語のおばちゃんで愛されている
趣味:カラオケ・ドライブ・スキー・水泳・バスケットボール
好きな食べ物:両棒餅とざぼんラーメン(鹿児島市)・鬼饅頭(覚王山)・鰻の白焼き茶漬けとまるやのひつまぶし(名古屋市)うなぎパイV.S.O.Pと餃子の石松(浜松市)


発想が落語家に行きつくまで

1977年鹿児島市立病院で生まれるも、先天性胆道閉鎖症の為、鹿児島大学病院に転院。詳しくは闘病記
1980年鹿児島市立八幡幼稚園入園。父の税理士試験の勉強の為、神奈川県横浜市港南区千手院幼稚園に数か月転園。
1983年鹿児島市立八幡小学校入学こども劇場で定期的に生の人形劇・演劇に触れ、お楽しみ会で友人とあら馬作演出の人形劇を公演。児童会長を務めたり、いじめる男の子を下敷きで殴り頭を割るなど、亭主関白で厳格な父の影響で正義感と暴力が恐ろしく強かったので、小学校時代のあだ名は女子プロレスラー。
1990年鹿児島市の有名ヤンキー校天保山中学校に入学。生徒会・演劇部で主役を張る一方、友人の母の昼のスナックを溜まり場にし、初めてバドワイザーとマイルドセブンを味わう。(もう時効だから反省の意味も込めて。)ただ、前出の父がものすごく怖いので勉学は励み
1993年鹿児島県立武岡台高校情報科学工学科に入学。受験で抑圧された反動で、軽くグレル。(ピアスを開け、スカート短くして授業をさぼってカラオケへ。)2年の担任に内心書書かねえぞと脅され、根が真面目だったし親父が怖いので大学に行かないといけないのでちゃんとするようになる。学園祭で面白い人2位。美人だと思う人2位になる。
1996年鹿児島大学工学部応用化学工学科入学。バイト三昧。その中でアナウンサーを目指しMBC学園アナウンススクールに通い、KTS・KYTで女子大生タレントをし、KKBこども博でコンパニオン、月刊タウン情報かごしまで読者モデル・フレンズFMパーソナリティ(鹿児島メディア総舐め舐め)、ミスキャンパスとして雑誌に掲載、ミス鹿児島ファイナリストになるも発掘されず、就職活動で日テレ・フジテレビを受けるも落ち、やけになって
2000年大学卒業式とともにただ上京コンサル会社のフリーペーパー誌を目にし、世間体を気にする親父が怖いので5月株式会社ジャパンライフシステムズに入社。総務人事所属での朝礼のマイクパフォーマンスが目に留まり、社外のイベント司会などで活動するも物足りず、退社。本格的にフリーアナウンサーとして日エンプロダクションに所属。ぐるぐるナインティナイン・お昼の帯番組「情報ツウ」進ぬ電波少年、東京モーターショーなどでも芽が出ず、役者に軌道修正。
2005年三宅裕司のスーパーエキセントリックシアターで勉強中、入籍。(保険証と年金が払えないので当時の彼氏(現旦那)に頼む。)
2006年芸能界に区切りをつけて旦那の名古屋転勤に合わせて同居・子作り・名古屋市千種区星が丘マタニティ病院で2児出産。
2011年友人の六本木での結婚式司会を務めたぐらいから、また芸能界への未練が湧きあがる。「東京にマンション買ってやる」と言っていた親父が死んで転がってきた遺産を遺言通り、東京に納めてやろうと、東京に家を建て、旦那を残し、再上京。
上の娘の幼稚園の保護者会で緊張で震え、上ずる私をよそに他の保護者の「うちのこ最近幼稚園で~。」とか、「うちのこ家では~なんです。」の様子報告がまあ落ちがあって上手いこと。「こんなのあたしじゃない!」と悔しくて、昔いた事務所にリハビリさしてくれと挨拶をしに行くと、落語教室があるよ。と。

 

落語家になる時

近所のママ友が子ども達を見とくから息抜きしといで、ってことで通い始めた落語教室で現師匠とん馬に出会う。
2012年弟子入りを志願したが断られ、5年紆余曲折あり、PTA会長が2期終わる頃に、プロ入りを再決心。
2017年1月とん馬に履歴書提出。
2017年1月見習い。2017年4月楽屋入り。

☆初高座
2017年5月23日新宿末広亭「雑排」
☆初高座祝い
紅純・鯉舟・吉馬・晴太・喜之輔・仁馬・昇りん(敬称略)と光麺にて。

☆初仕
2017年6月12日橘家仲蔵師匠国立演芸場独演会 小もん・橘之助師匠

☆落語芸術協会最高齢入門前座
2018年45歳の前座が入門。浅草演芸ホールの2階の楽屋往復で膝を壊して辞めていき、当時の前座の多さも加味され、理事会にて年齢制限が35歳と明確になった。その為、39歳で入門したあら馬が辞めない限り、落語芸術協会最高齢入門前座となる。

☆前座しながらPTA連合協議会会長
落語家になる前に2年PTA会長をしていたので、敷居は低かったのだが、前座PTA会長経験者の圓満師匠に相談の下、(PTA会長経験者は他に金太郎師匠、右左喜師匠、歌助師匠、米多朗師匠など)前座仕事も休まず、2019年任期満了で退任。

 

2021年5月21日二ツ目昇進

2021年9月28日遊馬師匠の日本橋亭出演翌日肝臓移植手術のために入院。詳しくは「肝移植」ページへ。

2022年7月

現在に至る。