■11)専用 接着剤■
  

@タイトボンド

*

左から
#7009・タイトボンド(60ml)   300円
#7004・タイトボンド(100ml)   430円
#7007・タイトボンド(200ml)   750円
#7010・タイトボンド(300ml)  970円
#7011・タイトボンド(1000ml) 3240円
です.ニカワとは違います.
近年はほとんどの製作家はこれを使用されているようです。
かなり短時間で乾きます.
(それでも2時間以上はクランピングしてください.
 できれば丸1日・24時間クランプすれば完璧です。)
外気の湿度・温度などにもそれほど左右されません、
 硬化すると、木に近い硬さになり、
ノミなどが使用できます.
どうしても接着面がぴったしと密着
していないところなども、このタイトボンドの
溜まりができても効果があります.

これは木の粉とタイトボンドを混ぜて
います。こうする事によって
(ニカワも木の粉を混ぜて使用しますと、同じ効果があります)、
より硬化した時の性質を木それ自体に
近づけます.硬化時間の短縮、硬化度の強化、
いろいろメリットがあるようです.
 木部のすべての接着に使われております。
ぞくに言う木工ボンドではありません.




A液体ニカワ


液体ニカワです.常温で液体です, 今までになかった画期的なニカワです.
性能は固形のものと変わりません. 取扱いが飛躍的にやさしくなりました.
が、基本的には湿度の低いアメリカの環境に合わせた
製品です。注意してお使いください。
*

熱湯を入れた容器に
そのままつけますと,すぐに粘度が柔らかくなり,
水分が飛びますので、硬化しやすくなります.
さらさらの状態でお使いください。

*梅雨時などの湿気の高い時の接着も注意してください.
接着作業後の乾燥はできるだけ湿気の少ない
エアコンのある室内等に置いて、乾燥をさせるなど、
してください。接着時間は少なくても24時間以上は
クランピンングしたままにしたほうがいいでしょう。

#7001(200ml)    1680円
#7003(100ml)    880円
#7002(60ml)      450円


豆知識.(接着)


木と木における接着は接着面にまったく隙間の無いのが ベストです(図A).
特にニカワの場合は、ニカワの かたまりがありますと、そこはなかなか硬化 いたしません.
 ぴったしついた木と木の繊維にニカワを 沁み込ませるわけです.
ニカワは動物の体の一部から作られていますので、 木ととても相性が良いのです.
できるだけ乾燥した空間で
丸1日間ぐらいはクランピング(接着)して欲しいですね.

 *尚、木のそれぞれの面を隙間なく接着するためには
      木のそれぞれの面の平面が出ている事が
    基本です.ペーパー等で面を整える時は
    (サンドペーパーは平面のテーブル・板などの上に敷いて 作業をします.)
    必ず、定規などで表面を検査しながら やるようにしましょう.


この下の図(B)は角材を直角の 角に接着している図です.
こういった場合は接着剤の逃げ場を 角材の面取りをすることにより 作ります.
こうする事で、 それぞれの接着面が隙間無く、 つくようになります.